伝え方のコツを知ることで人間関係を良くする方法

伝え方のコツを知ることで人間関係を良くしよう

伝え方のコツを知っているか否かというのは人間
関係に大きく影響するというのは事実です。

 

実際に人間関係で悩む人というのは非常に多く、
これが原因で人脈が構築できない、ビジネスが
上手くいかない、恋愛が発展しないということ
があるのです。

 

伝え方というのは、言葉の選び方でもあり、同じ
意味の言葉を伝えようと思った場合でも、その場
に相応しい言葉が選べるかどうかを選別できるこ
とさえできれば一気に人間関係が良好化すること
も実際にありえます。

 

過去に私は伝え方のコツを知らなかった時期があり
これが原因で他人と喧嘩ばかりをしてしまったこと
があります。

 

丁度会社で重要な会議があり、社内の人達と社内の
人間関係の改善方法について話し合いをしていたと
きのことです。

 

メンバー一人一人に意見を伺って、問題解決に
結びつくように皆で話し合ってしました。そのとき
重役のある人物Aが「苦手な人とチームを組まないで
仕事をすべきです」という意見を言いました。

 

この人物Aは自分の意見を主張すると、決して他人
の意見を受け付けないことで有名でした。
しかも酷いときには部下を怒鳴りつけることさえ
あるくらい殿様気質の性格でした。

 

彼の偉そうな態度には多くの社員が嫌気をさして
いたのでした。もちろん私も同様、非常に嫌な人
だと内心思っていました。

 

彼のこの発言に対しては周りの人の反応はイマイチ
でした。
ただこの人は重役ということで真正面から否定的な
意見を出せずにいたのです。

 

私も自分としてはこの意見に反対だったので否定的な
意見を伝えるということを控えていました。

 

ただ私が恐れていたことは、このまま誰も他に意見
を言わないとすると、このまま彼の意見が採択された
まま会議が進行してしまう危機感を感じていました。

 

そして私は遂に決意しました。
社内環境改善のためい彼になんと言われようと思い切っ
て自分の意見を主張することにしました。

 

そのとき私はこう伝えました。
「自分の意見ばかりに固執して他人の意見に耳を
傾けないという態度はやめてもらえますか?」。

 

すると彼は、「私に逆らう気か?」と怒鳴り、
喧嘩になってしまいました。

 

これをきっかけに彼との人間関係は悪化して、とても
気まずい雰囲気になってしまいました。

 

私は自分の意見を主張できた達成感はあったものの、
喧嘩に鳴らないようにもう少し上手く伝える言葉を
選ぶべきだったと後悔しました。

 

そんなとき、人間関係の達人と呼ばれている友人に
この件について相談する機会がありました。

 

その友人のアドバイスによると、自分の意見に固執
する人に対しては「もう少し広い視点で物事を
考えてみませんか?」という言葉を投げかけると
喧嘩にならずに済むという意見をいただきました。

 

確かにその通りです。言葉をうまく選ぶだけでも
相手の反応は大きく変るということを痛感した瞬間
でした。

ホーム RSS購読 サイトマップ